プロフィール
株式会社BusinessMake.com
株式会社BusinessMake.com
QRコード
QRCODE

2009年09月29日

家電王国(楽天) 買った商品が届かない。。。




二日間あまり睡眠時間が取れなかったので、昨日は会社を19:00に出て、食事をし、
いつものホテルで21:00に寝ました。




あまり睡眠時間がすくないといっても5時間近くはとっていたのですが、あきらかに
ふらふらで効率が悪い状況でした。




いやー久しぶりに良く寝ました。




数日前より話題になっているネット通販]「家電王国」が
音信不通に関して楽天が被害補償をすることが決定されました。




弊社もネットショップを複数運営しているので、運営が頓挫する話などは
身の引き締まる思いでいつも見ています。




おそらく一番多いのは悪意はないのだろうが。価格競争などにより十分な
利益が上げられずに支払いができずになり、目先のお金が必要になる。




その結果さらに次の支払いにお金が足りなくなる。。。。




今回家電王国は、名前のとおり家電を取り扱っており、価格競争も当然
あっただろうが。。




型落ちになって、急速に商品がくさった(価値が一気に下がる)ことも考えられる。




ネットショップは通常成功する可能性は数年成功するのに10%といわれている
(将来にわたって成長し続けるのには10%より下がる)




この10%が高いか低いかは経営者の気持ちの持ちようによる。




最近多いのが、ちょっと稼げればいいやぁーなどと甘い考えで参入してすぐに撤退
するケースが非常に多いい。




通常資金力も豊富で、ノウハウも潤沢にある既存の競合会社があるのだから、
血反吐を吐く勢いで参入すべきなのだが。。




あまり、”がつがつ”しないで稼がなくていいから、少ない労力で参入したいという考えを
もった人が鬼のように多いのは寂しい。。




なぜ死に物狂いで頑張った上で少し成功し、さらに頑張れば大きな利益ができるということが
分からないのだろうか。。。



イメージではこんな感じだろうか。。。

少しの労力→少しの利益 ×
血反吐をはく努力→少しの利益 ○
血反吐をはく努力+鬼のような努力→大きな利益○



話を戻しますが、家電とPCについてはかなりのノウハウと資金力をもって参戦したいものですね。



ネット通販「家電王国」が音信不通に 楽天が被害補償



インターネット上のショッピングモール「楽天市場」に出店する家電販売店「家電王国」の利用者から8月下旬以降、「入金したのに商品が届かない」といった苦情が運営する「楽天」(東京都品川区)に相次いでいる。楽天は家電王国のサイトを閉鎖し、自社の補償制度で約120人に被害補償するなど対応に追われているが、家電王国側と連絡が取れずに混乱が続いている。【酒井祥宏、川崎桂吾】



 楽天によると、家電王国を出店したのは「ソフテック東海」(岐阜県各務原市)。楽天側に出店料を支払い、今年2月からテレビやパソコンなどをネット販売していた。ところが8月下旬になって、「店と連絡がつかない」「現金を支払ったのに商品が届かない」などの苦情が出始め、楽天からも連絡が取れなくなった。ソフテック東海の代表電話に電話をかけても、「セール中につき用件を承れません」との音声案内が流れるだけだ。



 被害の拡大を防ぐため、楽天は8月下旬に家電王国のサイトを閉鎖。「現金を振り込まないように」と利用者にメールで通知した。しかし、ネット掲示板「2ちゃんねる」には9月以降、「詐欺だったら泣ける」「警察に被害届を出すしかないのか」など約430件が書き込まれている。



 楽天は、年1回限り50万円まで被害補償する自社制度を使い、約120人の登録会員に補償したという。登録会員以外にも被害は広がっているとみられるが、楽天広報室は「被害の全容が把握できていないため、苦情件数や被害規模は公表できない」と話している。



 約2万9500店が出店する楽天市場を巡っては、07年6月にも家電販売店「秋葉原OG商会」の利用者から今回と同様の苦情が相次ぎ、サイトを閉鎖している。楽天広報室は「逐次基準を見直しているが、市場の提供者として(楽天にも)責任がある。今後も利用者保護に全力を挙げたい」と説明している。



 ◇拡大するネット取引 一方で被害も拡大

 経済産業省によると、消費者向けネット取引は5兆3000億円(07年)の大型市場で、毎年約9000億円規模で拡大している。これに伴い、ネットを使った詐欺・悪質商法の被害も増加傾向にあり、警察庁によると、今年1~6月の相談件数は2万1733件に上り、08年同期と比べて約27%増えた。



 ネット取引に詳しい一般社団法人「ECネットワーク」の原田由里理事は「トラブルになる店舗は、最初から『詐欺目的』か、商品を購入する資金がないのに客が前払いした現金で『自転車操業』をしている業者に大別される」と指摘する。



 原田理事は危ない業者の見極め方として▽ネットで店舗の評判を調べる▽電話をかけて接客態度をチェックする▽財務内容の良い店舗は、前払い以外にカード決済や代金引き換えなど複数の支払い方法を用意している――を挙げ、「99%の店舗はしっかり経営しているが、トラブルに巻き込まれないよう、賢くネットを利用してほしい」と注意喚起する。

記事元:毎日新聞  

Posted by 株式会社BusinessMake.com at 10:19Comments(0)

2009年09月25日

Googleが10億5000万円で世界のできるだけ役に立つ




連休合間のたまった仕事をこなす・・・




連休も普通に会社に来ていたのだが。。終わらん。




しかも引越しに向けての物件探し周りで、さすがに微妙に疲れた。
今日は早めに帰って休むとしよう。




以下のGoogleアイディア募集には非常に興味があり全部しっかりと読んで見たいと思います。



去年からGoogleが10億5000万円で世界のできるだけたくさんの人々の役に立つ
画期的なアイデアを募集して実施する「プロジェクト10の100乗」を実施してましたが、
まとまってきたようですね。




Googleは、同社の「Project 10^100」に寄せられた15万件を超える「世界を助けるアイデア」を、ようやく16のテーマにまとめた。この中から1000万ドルの資金提供を受けるアイデアが選ばれることになる。



 Googleの当初の想定よりはるかに時間がかかったものの、同社が10周年プロジェクトで募集した、世界を変えるかも知れないアイデアを精査する準備が整った。Googleはこの1年間に受けとったアイデアを整理した16の「アイデアテーマ」について、最も価値のあるものへの投票を呼びかけている。



 Googleは当初、個々のアイデアそのものを選抜していく予定だった。ところが、集まったアイデアの数は同社を圧倒するもので、Googleの広報担当者Jamie Yood氏によると、適切に絞り込むのに3000人を要したという。しかも、非常に似通っていたり重なっていたりするアイデアが多数あった。そこでGoogleは、個別のアイデアよりも同社が重要と判断するプロジェクトカテゴリを前面に出すことにした。



 16のテーマの一部を、Googleのコメントを添えて紹介する。


理工教育の拡大:「技術開発の明るい未来(を確かなものにする)には科学教育の推進が理想的な方法だという点で、多くの国のユーザーが一致していた」
より効果的な地雷除去プログラムの開発:「地雷の探知と除去の効果的な戦略を開発する世界的な機関に資金を提供する。(中略)このテーマでは、ロボット、人間、および動物が介在する探知戦略が多数提案されている」
リアルタイムでの自然災害トラッキングシステムの開発:「災害に即応するマッピングデータを用意し、ハリケーン、地震、津波といった自然災害が起きたとき、政策立案者が効果的に対応できるように役立てる」
 Googleはこうして選び出したテーマに基づいて、最も優れたアイデアへの投票を求めている。投票の結果は委員会に提出され、そこで資金の提供を受けるアイデアが最大5件選ばれる。選ばれたアイデアを実現する企業や機関を決める過程にはRFP(提案依頼書)を導入し、その上で、選定された団体に資金を提供する。


 投票の期限は米国時間2009年10月8日だ。


記事元:CNET Japan

  

Posted by 株式会社BusinessMake.com at 18:56Comments(0)

2009年09月20日

鬼怒川温泉で和む






金曜の夜から土曜日にかけて鬼怒川に行ってきました。




金曜の夜はETC割引はなかったのですが、帰りがETC割引で高速1000円でした。
お得ですね。




鬼怒川ひなびてていいですね。
しかしどこもかしこもがらがらでした。




かつては年間300万人が吐露ずれ、東京の奥座敷と呼ばれてましたが・・・・




バブル崩壊後に観光客が激減し、2003年11月の足利銀行の破綻が追い討ちをかけました。




その後外国人誘客策などをとって少し客足を戻すよう頑張っているようですが。。。
ある一定の成果はあったようですが、完全にはもどってないようですね。




今回のETC1000円の施策に対して、東京の人たちは、より遠くに行こうとして、鬼怒川などを
通り抜け、さらに遠くに足を延ばしているようで、あまり効果はないようです。




個人的にはのんびりできて良かったです。




久しぶりにリラックスできました。
今日から頑張るぞ!

  

Posted by 株式会社BusinessMake.com at 11:16Comments(0)

2009年09月17日

帰れない。。。カプセルホテルに泊まる





昨日は仕事が終わらず泊まりました。




「いつものホテルに1:00ごろ電話して、本日大丈夫ですか?」と聞くと。。。。




「申し訳ありません。本日は満室です。」との返事。。。




もしかして「やばい!水曜日だった。。」




そう。水・木はホテルが満室なことが多い。




インターネットで、上野と浅草のホテルに電話をかけまくったが、全て満室。。。




しょうがないので、2時ごろ会社を出て、カプセルホテルをさまよい就寝。。




起業当時は一週間の半分ぐらいはカプセルに泊まっていたような気がするが、
(徹夜は効率がめちゃくちゃ悪くなるのでしない方針なので。。。)




本当に久しぶりのカプセルホテルでした。




つくと感動する前に爆眠してしまいました。





今日は早く帰りたいな。
帰れなくてもホテルに泊まるぞぉ!!!

  

Posted by 株式会社BusinessMake.com at 11:16Comments(0)

2009年09月10日

伝書鳩にデータ伝送負けた南アフリカの通信会社




昨日は新たな商材探しとしてギフトショーに行ってきました。




3期毎の決算が終わったばかりで睡眠不足と疲れで少しふらふらでしたが、非常に有意義な時間となりました。




どうしても時間が足りません。。。。
なんとかしなくてはとは思いますが、のんびりしている国もあるのですね。



伝書鳩にデータ伝送負けた南アフリカの通信会社



[ヨハネスブルク 9日 ロイター] 
南アフリカで、通信会社大手テルコムのインターネットの遅さにいら立った
IT企業が9日、データカードを伝書鳩の脚に付け送ってみたところ、圧倒的
に速く届くことが分かった。



 南ア通信(SAPA)によると、生後11カ月の鳩「ウィンストン」は、ピーター
マリッツバーグ近郊にあるオフィスからダーバンまでの80キロを1時間8分
で飛び、データをダウンロードする時間を含めても2時間6分57秒だった。



 一方、テルコムを使った伝送では、この間にデータの4%しか送ることが
できなかった。



 南アフリカでは、インターネットの回線容量が不足している上に、通信料
が高額。同国で来年開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)の前に、
海底に1万7000キロの光ファイバーケーブルを敷き、アフリカ東部と南部
を世界のほかの地域とつなぐプロジェクトが完了すれば、状況は改善され
るとみられている。


のんびりしてますね。

記事元:ロイターより



  

Posted by 株式会社BusinessMake.com at 18:52Comments(0)